本文へスキップ

オデッセイヒューマンシステム株式会社は、夢と共に歩み社会に貢献する会社です。

サイトマップ
アクセス

OHS News

日本情報産業新聞に弊社の取り組みの記事が掲載されました!

 2013年4月8日付けの日本情報産業新聞に、オデッセイヒューマンシステム株式会社および株式会社オーエイチエスニューノの新事業への取り組みについての記事が掲載されました。(画像

「チャレンジするソフト会社 モバイルに新境地を求めて OHSニューノ」

 IT業界は、クラウドやモバイルの普及により、大きなパラダイムシフトが起きようとしている。従来型の開発は今後、大きく減少していくことが予想され、そうなれば、受託開発を主とする企業間のパイの奪い合いは激化していくことになる。
 そのような環境の中で、クラウドやモバイルなど、これから拡大していくであろうマーケットに活路を見出そうと考えるソフト会社の経営者も、増えつつあるようだ。
 オデッセイヒューマンシステム(OHS)は、金融や官庁系などの受託開発を主とするソフト開発会社だ。従来のソフト開発会社の判断基準からいけば非常に手堅い客筋を持っており、安定的な経営が行われていると評価されてしかるべき会社だ。
 この会社が新会社オーエイチエス(OHS)ニューノを立ち上げて、モバイルアプリ開発に乗り出した。まだ、OHSの1事業部的な立場で、小ぢんまりとした組織だが、立ち上げから数力月ですでに5つものアプリを開発し、公開している。
 エンタープライズとモバイルの開発で、大きく異なるポイン卜のひとつがスピード感だ。そこでOHSニューノでは、インターネット先進国であり、アプリ開発会社の多い韓国の技術者を仲間に加えることで、これまでと違った発想のソフト開発に取り組むことに成功している。
 主なモバイルアプリを紹介すると、モバイル領収書家計簿「モバイル・レシート」は、紙の領収書やレシートをスマートフォンで撮影したものを金額と併せて登録していくだけで、どこで何を買ったかもわかる個人家計簿が作成できるアプリだ。
 フォトピックスは、日本、韓国、米国の写真付きニュースを登録しておくことで、その時々の各国のトピックニュースが写真付きで表示されるというもので、自分好みの設定で、表示するニュースや表示方法をカスタマイズできる。
 このように、主にB-Cをターゲットにしたアプリを無料で提供している。今後の最大の課題となるのが、収益モデルの構築だが、OHSニューノでは、今春にも業務向けアプリを公開するなど、有料アプリの提供に向けても着々と準備を進めているという。


バナースペース

ご連絡先

〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町2-13-6
ユニゾ水天宮ビル5F

TEL : 03-5651-3631
FAX : 03-5651-3632